プロフィール

木村 麻耶(きむら まや)  生田流箏曲

1985年 北海道別海町生まれ。三歳より、箏・三絃・二十絃箏を橋本はるみ氏に師事。

1998年 北海道三曲連盟主催第28回全道三曲コンクール第1位。  北海道新聞社賞受賞。

1999年 第17回全国小中学生優秀賞。

2001年 読売新聞社高崎芸術短期大学主催 第7回高校生国際芸術コンクール 2001筝部門において第2位受賞。

2005年 桐朋学園芸術短期大学音楽専攻芸術科音楽専攻修了。第15回日独青少年コンサートに選ばれ、ドイツにて10日間に渡り、各地演奏する。

2006年 洗足学園音楽大学現代邦楽研究所主催 東京第3回邦楽コンクール優秀賞。

2007年 桐朋学園芸術短期大学音楽専攻科音楽専攻修了。第13回熊本全国邦楽コンクール優秀賞。 ロシア(ウラジオストク)にて開催のビエン・ナーレに出演。第35回釧路新人演奏会に出演し、その年の奨励教育長賞を受賞。

2009年 桐朋学園芸術短期大学音楽専攻研究生修了。 Point de Vue vol.3の招待作品として三善 晃作曲の「TORSE Ⅳ」に出演。 セルバンデス文化センターでスペインと日本の音楽の交流を目的とした演奏会に出演。

2010年 財団法人地域創造 平成22年度邦楽地域活性化事業に参加し、熊本県の各地を回りアウトリーチやコンサートを行う。  第17回賢順記念くるめ全国箏曲祭にて最高賞(賢順賞)受賞。

2011年 現代音楽フェスティバル「MaerzMusik Sonic Arts Lounge」(メルツ・ムジーク)より招請され、ドイツ・ベルリンにて今井慎太郎作曲 Figures in Motion audiovisual performance (premiere)を演奏する。  北海道野付中学校にて”箏・二十五絃箏の調べ”と題し、アウトリーチを行う。釧路音楽協会より記念表彰。

2012年 平成24年度 別海町文化奨励賞受賞。同年、地元別海町にて木村麻耶リサイタル開催。

その他ハンガリー、プラハ、ブタペスト、ウラジオストク等、国内外で演奏する。

在学中に箏、十七絃箏、二十五絃箏を野坂惠子氏、滝田美智子氏に師事。  現在、釧路音楽協会賛助会員。宮城会会員。生田流宮城社教師。二十五絃箏演奏家グループ4plus(よんぷらす)メンバー所属。